-製品情報-COMPANY

熱処理技術

高温熱処理が、価値をさらに高める

三和電気では水素処理炉、真空処理炉を使用して各種金属・部品の高温熱処理を行っています。
金属内部の脱ガス、ブライトアニール、加工歪みの除去など目的に応じた高温熱処理が可能です。

コイルの連続熱処理とバッチ熱処理

連続熱処理(ランニングアニール)

タングステンコイルはコイリング工程で、モリブデンなどの芯線に連続的に巻きまわされ、ボビンに巻き取られます。
さらにボビンからスプールへと自動的に巻き取られていく過程で、高温水素炉内を通過させ、アニールを行いコイリング時の歪みを除去します。ときには数十kmにおよぶ製品もあり、その場合は数十時間をかけて熱処理を行います。 コイルに限らず長尺ワイヤーなどの処理も可能です。

バッチ熱処理(ボートアニール)

タングステンコイルはコイリング工程で、モリブデンなどの芯線に連続的に巻きまわされ、ボビンに巻き取られます。
さらにボビンからスプールへと自動的に巻き取られていく過程で、高温水素炉内を通過させ、アニールを行いコイリング時の歪みを除去します。ときには数十kmにおよぶ製品もあり、その場合は数十時間をかけて熱処理を行います。 コイルに限らず長尺ワイヤーなどの処理も可能です。

  • 画像
    フラッシング装置
  • 画像
    連続処理炉
  • 画像
    アニール後の電極表面

製品形状に適した処理にお応えします

熱処理技術は、加工歪みの除去、ブライトアニール、材料内部の脱ガスなど、さまざまな目的に使用されます。水素処理は最高1,650℃、真空処理は最高2,200℃の処理が可能。真空処理炉でターボ分子ポンプを使用しています。線状製品の連続処理(水素炉のみ)や、ボート(容器)に入れたバッチ処理、コイルに芯を入れ通電するフラッシング処理(コイル長 最大1,500mm)など、当社では扱う製品・材料に適した熱処理方法・条件をご提案します。

pagetop
募集要項 エントリー
フォーム